ブログ運営で必ず出てくるSEOとは?

ブログ初心者
・ブログでよく聞くSEOって何?
・どうすればSEO対策できるの?

こんな疑問に答える記事を書きました。

SEOを語り出すといくらページがあっても説明しきれないため、この記事では簡単な概要だけ説明します。

・SEOの意味
・SEOの全体像

SEOとは何か?

SEOとは、「Search Engine Optimization」の略で、この頭文字を取ったものになります。読み方としては「エス・イー・オー」ですね。僕は最初「セオ」と読んでましたが、間違いのようです(笑)

日本語では「検索エンジン最適化」と訳されます。検索エンジンとはGoogleやYahooのことを指します。

ただし、YahooはGoogleの検索エンジンを借りて検索結果を表示しているため、実質的にはSEO=Googleの検索順位を上げる対策となります。

Googleの検索順位を上げることは、ブログへの訪問者を増やす根幹にかかわるため非常に重要です。

SEOには「内部SEO」と「外部SEO」がある

SEOには、大きく内部SEOと外部SEOの2つに分けられます。

内部SEOで重要なポイント

内部SEOとは、サイトの中身を検索エンジンに好かれる構造にして、検索エンジンからの評価を上げるというものです。

内部SEOには様々な施策がありますが、特に重要なのは「タイトル付け」と「内部リンク構造」です。

タイトル付け

検索エンジンは、タイトルに含まれるキーワードを重要視します。そのため、上位表示したいキーワードに入れます。

例えばユーザーがどのパソコンを買おうか迷っているとき、検索エンジンで「パソコン おすすめ 機種」と検索しますよね。このワード1つ1つをキーワードと言います。

このキーワードを踏まえて、記事タイトルを「家電のプロが教える!今おすすめパソコン機種5選」といった感じでタイトル付けをしていきます。

1つのタイトルにキーワードを盛り込みすぎると各キーワードの評価が低くなるため、だいたい2~3個くらいがおすすめです。

内部リンク構造

もう1つ重要な要素が内部リンク構造です。

検索エンジンは「クローラ」と呼ばれる、ネット上のファイルを収集するためのプログラムがあります。

このクローラに自分のページを見つけてもらうための対策が「内部リンク構造」になります。

自分が作った記事に検索エンジンのクローラが訪問しやすいように、ブログの内部にリンクを張り巡らせる必要があります。

記事内容の質が高いことは前提条件

Googleが最重要視することは、ユーザーの満足度です。

つまりGoogleが狙っているのは良質な記事がユーザーに検索しやすくなることです。

記事の質を精査するGoogleのテクノロジーは日進月歩で上がっており、記事の質を高めることが検索順位を上げる前提条件となります。

記事の質を高めた上で、タイトル付けと内部リンク構造を重点的に進めていきましょう。

外部SEOで重要なポイント

外部SEOは、「被リンク対策」のことです。

被リンク対策

被リンクとは、自分のサイトが外部のサイトからリンクを受けることです。

検索エンジンはサイトを評価する基準として被リンクを重要視しています。そのため、多くのサイトからリンクされることは大切です。

しかし、Googleが全く評価していないサイトからリンクを受けても、効果があるどころかマイナスに評価される場合もあります。

これは、一時期自演リンク(自分で適当に作ったサイトからリンクを貼ること)が横行し、質の低いサイトが上位に表示され混乱を招いたためです。

以上のことから、外部SEOとして自演リンクを貼るのは避けましょう。

SEOを意識して記事を作ろう

せっかく良いコンテンツを作っても、SEOができていないと検索エンジンの上位表示がされず、自分の記事がユーザーに読まれることはありません。

しっかりSEO対策を行い、検索エンジンに上位表示される記事を量産しましょう!

ひとねこをフォローしよう!
>自由人カレッジ

自由人カレッジ

転職や副業、配当収入を通じて、経済的・精神的に自由な生き方を実現するメディアです

CTR IMG