1年以上音読を継続して効果を実感した僕がおすすめする、音読向けの本

僕は1年以上音読を続けることで、脳に良い効果があることを身をもって体感してきました。

そんな僕がおすすめする、脳トレ向けの音読の本をご紹介します。

・音読に向いている本
・音読に向いていない本

音読に向いている本

1. 音読向けに作られた本(教材)

特に初心者は、音読向けに作られた本がおすすめです。読者を飽きさせない工夫が多く盛り込まれているためです。

心とカラダを整える おとなのための1分音読

大東文化大学准教授で中国文献学者の山口謠司さんの本。「1分間」音読というコンセプトはトレーニング継続のハードルを下げてくれるため、初心者に向いています。

かなり売れているようで、2019年2月に 「もっと心とカラダを整える おとなのための1分音読」、2019年10月に「ますます心とカラダを整える おとなのための1分音読」と2つも続編を出しています。それだけ効果を実感している方も多いということでしょう。

坊ちゃんや走れメロス、学問ノススメなど、脳トレだけでなく教養も身につく構成となっています。

僕はシリーズ最初の「心とカラダを整える おとなのための1分音読」だけ持っていますが、音読の習慣を身に付けるには最適の本でしょう。

楽しみながら1分で脳を鍛える速音読

明治大学文学部の齋藤孝教授の本です。同じく「1分間」というコンセプトで作られており、初心者には最適です。

山口先生の本と似ていますが、より脳トレを意識した本の構成になっています。

脳を鍛える大人の音読ドリル

2000年代の脳トレブームを作った川島教授の本です。

脳トレのためにしっかり考えこまれた本であり、音読だけでなく漢字の書き取りも併せて行います。

音読だけでは飽きてしまうかもしれないと思う方に特におすすめです。

2. 日本の名作文学

日本の名作文学の中から自分の好みのものを選んで音読本とするのもおすすめです。

上でご紹介した音読向け教材の中身を見ると、日本の名作文学であることがわかります。

名作文学は現代まで日本人に愛されている作品であり、日本語としても完成されています。例えば、夏目漱石や芥川龍之介、川端康成といった作者の著書です。

声に出して読みたい日本語

「楽しみながら1分で脳を鍛える速音読」と同じ、明治大学文学部の齋藤孝教授の本。

6シリーズ出ており、斎藤先生の名を世に知らしめた名著。僕もこの本がきっかけに音読を始めました。

「良い日本語を暗誦して身に付けることにより日本語をより上手く使いこなせる」というコンセプトで作られたものですが、脳トレとしても最適です。

3. 芥川賞や直木賞などの文学賞を受賞している作品

文学賞を受賞している作品は厳正な審査を経て選ばれているため、文章としても完成されています。特に日本におけるトップの文学賞である芥川賞や直木賞の作品はおすすめです。

文学賞を受賞している作品は面白いものが多いですし、楽しみながら音読をしたいと考えている方には最適だと思います。僕も芥川賞や直木賞の作品は高速音読の本に良く使っています。

下町ロケット

特に半沢直樹シリーズで有名になり今やヒットメーカーの池井戸先生。直木賞を受賞しドラマ化もされた「下町ロケット」は読んでいて爽快で、音読に熱中できます。

ドラマを見てファンになった方も、ドラマの池井戸作品に少し飽き始めている方も、この本は強くおすすめします。

4. 自分の好きな本や文章

美しい日本語で構成されている音読向け教材や日本の名作文学、文学賞受賞作品を読み込むのが理想的ですが、脳トレは継続していくことが重要であり、三日坊主で終わってしまうと意味がありません。

自分が好きな小説やビジネス書、エッセイなどでも良いでしょう。

音読におすすめできない(向いていない)本

好きな文章を音読することが継続できる秘訣ですが、向いていない本や文章もあります。

1. ブログやweb記事の文章

ブログやweb記事は文章として練り込まれていないものが多く、音読には不適です。著名人が書いたものも言葉の誤脱がある場合もあり、音読教材としては避けた方が良いでしょう。

2. 漫画

漫画は連続した文章になっていません。僕も漫画は決して嫌いではないのですが、特に高速音読には向いていません。

脳トレ音読は続けることが大切

どんなに素晴らしい教材を選んだとしても、継続的に続けられなければ効果は発揮できません。

自分に最適な教材を選んで、音読を習慣として長く続けていきましょう!

関連記事

学生時代に国語の授業で行っていた音読が、脳に対して大きな効果がある「大人音読」として注目を浴びています。 この記事では国内外の最新の研究や論文なども踏まえ、詳しく解説します。 音読が脳に効果を与えるメ[…]

ひとねこをフォローしよう!
>自由人カレッジ

自由人カレッジ

転職や副業、配当収入を通じて、経済的・精神的に自由な生き方を実現するメディアです

CTR IMG