【書籍レビュー】世界のエリートがやっている最高の休息法

久賀谷亮氏の「世界のエリートがやっている最高の休息法」を読了しました。

この本は、「どのように休息をすれば疲れが取れ、頭が冴えるのか」ということに対し科学的に解説したものです。

実はこの「最高の休息法」は1年前に読み終えていたのですが改めて読み直し、やはり良い本だなと思ったためレビューしてみました。

なんとなく疲れているような状況が続いていた日々

「睡眠時間は十分にとっているはずなのに、なぜか疲れが取れない」「なんとなくずっと疲れている」「集中力が持続することができない」。このブログを読まれている方で、このような症状の方はいないでしょうか?

僕自身、なんとなく疲れていて、いつも眠たいようなそんな状況に陥っている期間が数年間続いていたことがあります。ちょうどこの本と巡り合った1年前くらいまででしょうか。

睡眠の質が原因だと思い色々と快眠に関する情報を調べていたのですが、そんなときに妻が買ってきてくれた本がこの「最高の休息法」でした。

この本に書いてあることと、その当時研究した快眠法を実践したことにより、この「なんとなく疲れていていつも眠たい状態」から脱することができました。

当時研究した快眠法については別の時に解説するとして、この「最高の休息法」に書いてあったことについてこの記事では触れていきたいと思います。

脳は何もしないでも勝手に疲れていく

脳は体重の2%ほどの大きさにも関わらず身体の全エネルギーの20%を消費してしまうという極めて消費量の多い器官です。

そして、そのエネルギーの60~80%がデフォルト・モード・ネットワーク(DMN)という脳回路で使われてしまうそうです。

このDMNは、何もせずにぼんやりしているときに働くベースライン活動で、DMNが過剰な働きをしてしまうとなんとなく疲れがとれなかったりするのです。

なぜ疲れが取れないかというと、ボーっとしているときでも、なんとなく考え事をしていたりするのです。

このDMNが過剰に働くことを抑えることが、最高の休息法である、ということです。

瞑想(マインドフルネス)が脳の疲れを取る解決策

そして、この最高の休息法とされているのが、瞑想です。瞑想というと宗教チックな胡散臭さを感じられる方もいると思いますし、僕自身も元々そう感じていました。

しかし、近年、特にアメリカにおいてこの瞑想の研究が進み、「マインドフルネス」という呼ばれ方でエリート層を中心に急速に広まっています。

マインドフルネスは直訳が難しいのですが、本著では「瞑想などを通じた脳の休息法の総称」としています。

アップルの創業者のスティーブジョブズをはじめ、グーグルやフェイスブック等の有名企業でも研修として採用されています。

マインドフルネスの実践法

マインドフルネスの実践法としては、本著では7つの方法を解説しています。しかし、僕が特に有効だと感じたのは最初の1つ目の方法です。

具体的には以下の方法を取ります。著書で詳しく解説されていますので、正しく知りたい場合は著書を買ってみてください。

  • 基本姿勢を取る(椅子に座り、目をつぶってお腹をゆったり、手は太ももの上)
  • 身体の感覚に意識を向ける
  • 呼吸に注意を向ける
  • 雑念が浮かんだら呼吸に注意を引き戻す

「目をつぶって何も考えずに呼吸を続ける」ということなのですが、この何も考えないというのが意外と難しい。いつの間にか仕事のことを考えていたり、明日の予定はなんだっけ、と考えていたり。

つまり、過去のことや未来のことに意識を向けてしまうのです。

そうではなく、今この時に意識を向ける、というのがマインドフルネスで大切なことです。息を吸って吐くことだけに意識を向けるのです。

そのようにして頭を空っぽの状態に持っていき5分でも続けられると、頭がすっきりした状態になります。

さらに、そのような状態でそのまま眠りにつくことができると、熟睡に繋がります

昔の僕のように熟睡ができていない人は、寝る前に色々と考え事をしちゃっている人が多いのです。

まずは実践してみることが大切

こういった訓練は、まずは実践してみることが大切です。

この記事では7つの方法のうち1つを簡単に紹介しましたが、本著では他の6つの方法に加え、小説のようなストーリーでマインドフルネスを解説しています。

興味を持った方は是非読んでみてください。

ひとねこをフォローしよう!
>自由人カレッジ

自由人カレッジ

転職や副業、配当収入を通じて、経済的・精神的に自由な生き方を実現するメディアです

CTR IMG